宮田の環境を守る会

私たちは宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の建設に断固反対します!

宮田の環境を守る会 イメージ画像

更新情報

ジオツアーに参加 ~「下平―大久保断層」等を学ぶ~ =放射性廃棄物処分場計画地は立地上不適格を確認= 3月10日(土)、「伊那谷自然友の会(事務局:飯田美術博物館)」主催のジオツアー(テーマ:「太田切川を切っている活断層地帯を歩く」)があり、宮田の環境を守る
『ジオツアー「太田切川を切っている活断層地形を歩く」』の画像

2018年3月25日(日)、14時30分から宮田村民開館大ホールにおいて、講演会「巨大産廃、住民が止めた!!」を開催します。岐阜県御嵩町の巨大産廃問題に立ち向かい、その建設を止めた住民運動の中心メンバーを招いて、その経過と取り組みを学ぶ講演会です。主催は宮田村議会です。
『2018年3月25日(日)「巨大産廃、住民が止めた!!」講演会の開催について』の画像

2018年2月27日、宮田の環境を守る会の第20回小委員会を開催しました。組織体制の強化や地下水・河川水の観測、今月下旬に開催予定の講演会について協議し、宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の建設に断固反対していくための今後の取り組
『宮田の環境を守る「第20回小委員会」開催』の画像

2018年1月16日、宮田の環境を守る会の第19回小委員会を開催しました。地下水・河川水の観測調査や署名活動についての意見交換を行い、宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の建設に断固反対していくための今後の取り組みを確認しました。
『宮田の環境を守る「第19回小委員会」開催』の画像

2017年10月29日(日)の宮田市において、「宮田の環境を守る会」と「放射線を含む廃棄物から子供と大久保の自然を守る住民の会」の合同で、廃棄物処分場建設反対のPR活動と署名活動を行いました。
『宮田市でPR活動』の画像

2017年10月22日(土)、西駒祭へ絶景マルシェ内で「駒ヶ根の環境を守る会」による廃棄物処分場建設反対のパネル展示が行われ、宮田の環境を守る会も連携して署名活動を行いました。 
『西駒祭絶景マルシェでPR活動』の画像

宮田の環境を守る会通信第17号を発行しました。●ゴミ弁連総会に参加●浜岡原発を考える袋井の会茶話会に参加●建設反対看板補修と新規作成など ▼PDFで配布中(クリックすると別ウインドで開きます)

宮田の環境を守る会通信第16号を発行しました。●アスベスト検体再採取立ち合い(6/10)●予定地の現状について●処分場計画地の地下水変化など ▼PDFで配布中(クリックすると別ウインドで開きます)

2017年6月30日、宮田の環境を守る会主催で、宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の周辺環境を観測調査するための研修会を実施しました。専門家から、河川水・井戸水調査水位の図り方、㏗の図り方、電気伝導率の図り方についての指導を受け
『放射性物質を含む廃棄物最終処分場計画予定地周辺の河川水・井戸水調査研修会を実施』の画像

↑このページのトップヘ