宮田の環境を守る会

私たちは宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の建設に断固反対します!

宮田の環境を守る会 イメージ画像

更新情報

 宮田の環境を守る会の活動に、日頃よりご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。直近の予定として、以下のとおり、住民学習会を予定しております。どなたでも参加していただけますので、どうぞご来場ください。◆ 平成28年4月15日(金) 午後7時~大田切地区・区

 2016年3月28日、宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の問題を考える学習会が開催されました。当日は小雨の中でしたが、40名ほどの住民が集まり、信州大学の茅野先生の講演に続いて活発な質疑が行われました。地区内の井戸や湧水のこと(
『宮田村大久保地区で学習会が開催されました』の画像

 2016年3月26日と27日、「子供たちと大久保の自然を守る会」の皆さんによる看板づくりが行われました。大田切橋の西側に電車から見えるように大きな字で「最終処分場建設絶対反対」と書かれています。コンパネ4枚による大作です。引き続き、村内の各種団体と連携し、放射性
『最終処分場建設絶対反対の大看板が完成』の画像

 2016年3月19日、宮田の環境を守る会で、放射性物質を含む廃棄物最終処分場の建設に断固反対する街頭署名活動を行いました。ご署名いただいた約500名の皆さまにはもちろん、ご協力いただきましたアピタ伊那店さまとAコープ伊那中央店さまに心から感謝申し上げます。
『放射性物質を含む廃棄物最終処分場「建設断固反対」街頭署名活動』の画像

 2016年3月8日、宮田の環境を守る会(会長:田中一男)は、宮田村大久保地区で「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の建設を計画している事業者に対し、住民説明会等への対応についての申し入れを行いました。

 2016年3月20日、国際環境NGO FoE Japan主催のセミナー「放射能汚染された関東のゴミはどこへ ~ 今、安心・安全の産地が失われる? ~」が都内で開催されます。詳細はPDFをご参照ください。宮田の環境を守る会の田中一男会長が参加する他、同会でお世話になっている信

 2016年3月1日、宮田の環境を守る会第5回小委員会を開催しました。 (1)長野県内外で広がりをみせる反対運動との連携、(2)住民への周知と学習会の開催、(3)今後の戦略、などについて、専門家を交えて議論しました。 
『3月1日「宮田の環境を守る会第5回小委員会」開催』の画像

↑このページのトップヘ