2016年6月19日、宮田の環境を守る会の主催で、宮田村の最終処分場問題に関する講演会を開催しました。『福島原発事故と特措法』と題して、元京都大学原子炉実験所助教である小出裕章氏が講演され、200名を超える住民の皆さんが原発や放射性物質汚染対処特措法の問題について、熱心に耳を傾けました。 わたしたちは、宮田村で計画されている放射性物質を含む廃棄物最終処分場建設に断固反対してまいります。IMG_6751
IMG_6742
22-7