宮田の環境を守る会

私たちは宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の建設に断固反対します!

宮田の環境を守る会 イメージ画像

お知らせ・活動報告

2017年6月30日、宮田の環境を守る会主催で、宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の周辺環境を観測調査するための研修会を実施しました。専門家から、河川水・井戸水調査水位の図り方、㏗の図り方、電気伝導率の図り方についての指導を受け
『放射性物質を含む廃棄物最終処分場計画予定地周辺の河川水・井戸水調査研修会を実施』の画像

2017年6月4日(日)、信州大学松本キャンパスで開催された第55回環境社会学会のシンポジウム「現代信州の環境問題」に参加し、宮田の環境を守る会として宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の建設問題の事例報告を行いました。
『第55回環境社会学会シンポジウムで宮田村で起きている問題を発表』の画像

2017年6月10日、宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質を含む廃棄物最終処分場」の建設問題に関わり、事業計画者が敷地内建造物のアスベスト等調査のための検体採取を行うとの連絡を受け、宮田の環境を守る会も立ち合いました。
『解体工事に関し、事業計画者のアスベスト等調査に立ち合い』の画像

2016年12月4日(日)、大久保地区の収穫祭にあわせ、PTAの役員さんの協力で子ども達と看板を製作しました。看板は12月10日(土)に、太田切北交差点西の住民の会等の看板の横に設置しました。子どもたちの未来のためにも、私たちは宮田村大久保地区で計画されている「放射性物質
『大久保の子ども達と看板づくり』の画像

謹啓 私たち「宮田の環境を守る会」と「駒ケ根 水と命を守る会」は、長野県宮田村大久保地区に計画されている放射性物質を含む廃棄物処分場の建設について、地域住民のみならず、天竜川水系における関係者の方々の生活と健康を脅かす恐れのある廃棄物処分場の危険性について
『長野県宮田村大久保地区における『放射性物質を含む廃棄物最終処分場』建設に断固反対する10万人署名 ご支援・ご協力への御礼』の画像

↑このページのトップヘ